モデリングJASDF@blog

厚木基地や航空自衛隊の基地などで撮影した航空機の写真や、模型、猫などのネタで展開するブログです。

翼端灯


第1航空団第32飛行隊 T-4 06-5782
_I7F0560 のコピー

航空機の航法灯

機体の右舷、左舷を示す翼端灯は左が赤、右が緑・・・っていうのは周知のとおり。

昔むかし、百里の03上がりの転がりを撮ってた時、いつも翼端灯が赤かったから

それで左が赤!

って覚えた部分もあるんですね~。

私の場合!

スポンサーサイト
  1. 2014/11/20(木) 19:24:24|
  2. 浜松基地
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

ウィングマーク

第31教育飛行隊 T-4


1991年ころの撮影だったと思うんだけど・・・

T-4装備の第31、32飛行隊の編成はすでに完結していて、
T-33A装備の第35飛行隊はすでになく、

配置転換を待つサンサンが何機か列線に並んでたころ・・・・

あのとき、笑顔で取材撮影に応じてくれたCADETT君は、今頃どうしてるだろうか?

部隊のベテランとして頑張ってるかな?


うちのウズラも大分大きくなってきて、大人の1/3スケールって感じ・・・
  1. 2013/07/12(金) 21:58:45|
  2. 浜松基地
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やっぱりこれでしょ

浜松救難隊 MU-2A 63-3228
_U_21080 のコピー

ワンツーファイブももちろんだけど、

MU-2S/A/Jも欲しいですね~

ヨンパチなら、バートルと並べたいですね~

サンニイでもいいよね!

って言うか、サンニイが欲しいね!!

J型もね、欲しいよね。

側面の窓ガラスの内側に飛行点検隊のエンブレムを貼るのね!

あー楽しみだわ~(遠い目)・・・・

  1. 2013/05/31(金) 10:36:25|
  2. 浜松基地
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「航空自衛隊機洋上迷彩色セット」

32SQ T-4 66-5742
_I7F0142 のコピー
JASDF模型ファンの皆様、お待たせしました!
Mr.カラー、「航空自衛隊機洋上迷彩色セット」がすでに店頭に並んでます。

GSIクレオスさんから航空自衛隊関係のカラーの監修を依頼されたときは、あんな色やこんな色も・・・・と、考えてたんだけど、結局第一弾は予想通りのF-2色。
で、考証作業に入ってから改めて思ったのは、実際、取材で得た色調の印象と、雑誌やウェブなどの各媒体で見る色調があまりにも違い過ぎるってこと。
特にライトブルーのほうね。

たしかに自分で撮った写真もコマによって違っているし、周りからはちょっと違うんじゃないの?という意見もあったし・・・。
でも、商品化する以上は当然、予算の都合や締め切りがあるわけで、色見本を受け取って、修正指示してなんて作業をいつまでも繰り返しているわけにも行かない。

「実際の色よりも、ユーザーが持っている印象を優先したほうが良いのでは?」という意見もあって、正直製品化されたあとにブーイングの嵐だったらどうしようかと内心ドキドキでね。
一次はもっとハデハデな色調にしたほうか良いのかな?なんて思ったりもして。

で、そのサンプル塗料をプラバンに吹き付けた色見本を知り合いに渡したところ、なんと百里基地航空祭に持って行って、地上展示してあったF-2Aに重ねて数カットの写真を撮ってきたんですよ。
それを見ると、順光ベタベタの場合はほとんど同じ色調に写っていて、色見本の角度をちょっと変えるとぜんぜん違う色に見えてるのね。

まあ、これでホッとしたのも事実。
だけど、ユーザーからのリアルな意見が出てくるのはこれからなんだよなぁ。
「なんだ、あ○やまってやつは結構いい加減なやつなんだ!」なんて言われたらどうしよう・・・・・・まあ、いい加減ってのは当たってるんだけどw

でも、FSカラーの色見本をそのまま再現したよりは、実際の色に近いんではないかと・・・。
特にナナニイやヨンパチだったら、ほとんどそのままで行けるかなーって明度にはしたつもり。
サンニイ(キットないけどw)ならもう少し明度落としてもいいかもね。

だけど「このカラーが本当の色だからそのまま使え!」とは言わないので、これをベースに自分なりの印象で調整してくださいな。

ダークブルーとレドームグレーの方は良い感じだと思うんだけどなぁ・・・。



なんだか、F-2が作りたくなったなぁ
・ ・・・と、思ったら
ここをクリック! 
  1. 2012/11/06(火) 10:46:44|
  2. 浜松基地
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

こんなところに・・・・

第1航空団 第31飛行隊 T-4 96-5614_65I5881 のコピー

う~ん、やっぱりトムキャットですよね~、これ。

よほど、F-14が好きだったんでしょうか?この機体の機付長は・・・。

それとも、機番の614に引っ掛けたのかな?やっぱり。

ちなみに撮影時はまだT-33が列線にいた頃だから、T-4の機体後部、ノズルのフェアリングは旧タイプ。

だれかこの機体、再現してみる?

もちろん、インテークカバーは自作になるね!





インテークカバーのパーツも欲しいなぁ・・・
と、思ったら・・・
ここをクリック! 
  1. 2012/09/07(金) 01:15:39|
  2. 浜松基地
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

裏モデルアート その①

第1航空団第32飛行隊 T-4 56-5734 66-5746


プロフィールシリーズのT-4。最初は浜松基地の第1航空団にお邪魔して取材する予定で段取りしてたんですよ。

で、取材申請書の下書きを編集長に送って、さあ、空幕の広報室にアポ取って申請書だそうか・・・と言っていた翌日に例の震災があったわけ。

結局のところ、あの大災害を目の当たりにして、「こりゃ、マニア向けの本の取材対応なんて、それどころの話じゃないなぁ」とアクションを起こす前に取材を取りやめて、モデJASが今まで撮りためてきたディテール写真をかき集めてなんとかしようということになったんですよ実は。
でも、F-15やF-4は高所作業車を使った俯瞰撮影はしていても、T-4は「また改めて取材に行くからいいや」と、いつも後回しにしてたんですねェ。

まあ、決して手を抜いていたわけではなく、やっぱり取材時間も限られているわけで、その中での判断なんだけど・・・。だから今回はディテールファイル用の写真、特に機体を上から撮った写真が少なかったうえに、予定していたインタビューやらなんやらが、全部無くなったものだから、今度はページが埋まるかどうか心配になってきた。

そこで、こちらから提案したのが、他のジェットトレーナーも網羅しちゃったら?って企画。具体的にはT-33Aと、T-1A/Bなんだけど、こんな機会じゃないと、絶対に増刊になんかならないモチーフ。

でも言ったからには、写真の用意はもとより、塗装図などのイラストも描かなくっちゃいけない!

そんなわけで、頑張りましたよ。ページ数の関係で満足するボリュームでにはならなかったけど、特にT-1をこれだけの内容で纏めた模型誌って、今まで無かったでしょ!
でも、T-4と抱き合わせるのはT-1だけにして、T-33はF-86と抱き合わせにした方が良かったかなぁ・・・。

まあ、そんなわけで、今後類似書籍の発刊はまずないだろうから、まだ持ってない人は今のうちに買ってね。


 ここをクリック! 
  1. 2012/08/17(金) 02:50:10|
  2. 浜松基地
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

作例写真を考える

32SQ T-4 86-5766
モデルアート掲載の作例の写真なんだけど・・・

そのねー、アングルがねー、昔からちょっと気になってはいるんですよ。
僕は航空機以外のジャンルについては良く分からないけど、特にねー、ファイター系がねー・・・。

いや、悪くは無いんですよ、悪くは。一応メーカーの意図を汲んだり、そのキットの特徴的な部分を明確にしたり。担当さんもいろいろと考えてはいるんだと思うんだけど・・・。 

でも私的にはねぇ・・・んー、なーんか今ひとつかなぁって感じなんだよね・・・。

たとえば他のライターさんのせっかくの力作の、その魅力が充分に伝わっていないなぁ、もったいないなぁと感じることが時々ある・・・。

なんていうのかなぁ、たとえばある航空機ファンが、初めて行った航空祭で地上展示してある戦闘機を間近で見て「わー、かっこいいなぁ」と思うでしょ・・・。
なんかね、それと同じアングルなんですよ、目線がね。
もっと模型ならではの大胆なアングルがあっても良いかなって・・・思うわけ。

まあ、限られた誌面の中で、一枚の写真に出来るだけ沢山の情報を入れたいという気持ちは分かるんだけど、結局なんだかカタログ的な写真になっちゃってるよね。

具体的に言うと、左斜め前から全体を撮った写真と、左斜め後ろから全体を撮った写真が時々並んでいたりするんだけど、結局これは前と後ろの違いだけで、同じような写真でつまらない。

だったら前からの写真はコクピット周りを中心にアップにするとか、やっぱり写真のアングルにも緩急が必要だよね。だいたい必ずしも機体の全体を入れる必要ないと思うんだけどなぁ・・・。

コクピット付近を真上から俯瞰するとか(プロフィールのF-2Bの作例を参照)しても面白いかな。レドームや尾翼が途中で切れていたって、構図がしっかりとしてれば問題ないわけだからね。

あ、でもあんまりアップにされるとちょっと・・・(苦笑)。札幌の時計台と、高知のはりまやばしと、あと何だったかを、「日本三大がっかり名所って言うんですよ」と、元添乗員の友人から聞いたことがあるけど、私の場合は「モデルアート(アップにしたら)三大がっかり作例」の筆頭かもねー。

あれ、じゃあ、あとの二人は?(笑)

で、今日の一枚は浜松基地で撮影したR/W27にアプローチする32SQのT-4。しかし、静岡県って、本当に横に長いね。散々走ったと思っても、まだ焼津だったりする。あの辺りが一番しんどいかなぁ。
  1. 2012/06/24(日) 00:41:44|
  2. 浜松基地
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

連載200回突破!

_65I9196.jpg

おかげさまで2012年4月発売の号で、モデリングJASDFは連載200回に到達しました。思い起こせば、初めて自分で申請書書いて、初めて六本木の防衛庁(当時)に申請に行って、初めて取材で訪れたのが浜松基地。1990年の事だから、もう24年も前の事なんだねェ。老眼にもなるはずだぁ。当時は新鋭機だったT-4と、部隊マークも消されて、数機が残るだけのT-33を興奮しながら撮影しました。で、そのとき使っていたカメラが何だったのか?AE-1?T-90?EOS-1000QD?思い出せないんだなあ・・・
  1. 2012/04/30(月) 14:21:31|
  2. 浜松基地
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ようこそ!

一応、週2回・・・火曜、金曜の更新としたいと思いますが、まあ、そこは随時と言うことで!

写真撮影、模型製作、イラスト、文、解説、屁理屈・・・By モデJAS

プロフィール

モデJAS

Author:モデJAS
ライフワークは飛行教導隊の識別塗装の調査研究(笑)!

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

金冠日食 (1)
金星太陽面通過 (1)
厚木基地 (23)
百里基地 (47)
浜松基地 (8)
新田原基地 (23)
模型 (27)
那覇基地 (1)
猫 (51)
嘉手納基地 (4)
百里~厚木 (1)
築城基地 (2)
Blue Impulse (3)
本 (1)
CVW-5 (58)
飛行教導隊 (21)
ロシア機 (3)
未分類 (10)
零戦 (2)
イラストレーション (4)
芦屋基地 (2)
T-33Aディテール (1)
F-104Jディテール (1)
FS-T2改ディテール (1)
F-1 ディテール (1)
岐阜基地 (5)
入間基地 (5)
F-15 ディテール (3)
鉄 (1)
F-14A ディテール (3)
うずら (1)
城 (6)
小松基地 (1)
東富士総合火力演習 (2)
天体 (1)
航空自衛隊 (1)
三沢基地 (2)

最新記事

最新コメント

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも一覧


Trial By Fire ~かけがえのないこの僕の人生~

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR