モデリングJASDF@blog

厚木基地や航空自衛隊の基地などで撮影した航空機の写真や、模型、猫などのネタで展開するブログです。

梱包のはなし



模型の完成品の梱包ってどうしてます?

私の場合、完成品のほとんどが手元にないので、保管というよりも編集部への納品の為の梱包になるんだけど・・・。

最初は試行錯誤しながら、いろいろ試していたけど、これといった方法がなかなか見つからない。
一番の問題は脚などの部分の破損対策なんだけど、手間を掛ければ掛けるほど安全にはなるのだが、模型制作のペースが遅い私の場合、締め切りなんてとうの昔に過ぎてるから、完成したら直ぐに梱包して即納品というわけなので、愛情込めて時間を掛けて・・・る場合じゃない!(だから完成品の写真を撮ってる暇もないんですよ・・・えちご屋さん!)

で、たどり着いたのが写真のような状態・・・って、分かり難いよね、このアングルじゃ。

使うのはダンボール箱と発泡スチロールの板、両面テープ、ティッシュ、爪楊枝、そして輪ゴム。
 その方法は、前後に爪楊枝を刺した発泡スチロールの板を2枚立て(箱への固定は紙製の両面テープで充分)、そこに左右の主翼を乗せて、その上に乗せた発泡スチロールの駒を、前後の爪楊枝に引っ掛けた輪ゴムで押さえる・・・っていう簡単なもの。

つまり発泡スチロールの板で主翼をジャッキアップしてる感じ。板の天面は主翼の平面形に合わせ、翼厚の半分位が沈む程度にカットしておくのがポイント。その上から輪ゴムのテンションで押さえつけてるから、意外と動かない。機首が重い場合は、機首下面に充て板を立て、天面はV字型にカットしておくと安定する。また、機体と発泡スチロールが接する部分が癒着するのを防ぐためにティッシュペーパーを挟み込んでやると良いかな。

これで多少振り回しても、逆さにしても大丈夫。納品の長い電車の旅にも充分に耐えてくれます。
多分、今までに道中の振動で破損した事はないはず。

でも、今日の午前中に完成させて、午後から納品!なんてときに限って、近所のスーパーの段ボール箱は、業者が搬出したばかりで、何も無い!なんてこと、良くありますね。事前に用意しとけばいいのに・・・。駄目だなあ、段取り悪くて(汗)
そうだ、箱は編集部で用意してもらえばいいんだ。用意してくれますよね?
スポンサーサイト
  1. 2012/06/30(土) 10:07:09|
  2. 模型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

目指せ!全フィルムの早期データ化!!

VFA-195 "Dambusters" FA-18C NF400_ITY0254 のコピー
数千枚・・・もしかしたら万単位であるであろうフィルム。今、これのデジタル化作業を進めてる。
もともとは“NIKONのフィルムスキャナーでも買って何時かは”と思ってたけど、高いし、どうしてもスキャニングに時間掛かるし・・・
終わったら誰かに転売すれば良いかなとか、友人と予算を出し合ってシェアするのもアリかなとも考えたんだけど、やっぱり数が数だからねぇ。あ、手間隙考えたらまとめて業者に任せたほうが・・・。
そうこうしているうちに、NIKONのスキャナーは販売終了となっちゃうし・・・。そうだ、スキャンが終われば要らなくなったスキャナーがオークションに出てくるはず!・・・とも思ったけど、やっぱりみんな時間が掛かるからなのか、なかなか出てこないですね~。
で、そんな時に出会ったのが、例の航空ファン誌上での連載記事。いやー、私のような素人カメラマンにとっては大変参考になりました。そこで早速システムを構築!スキャナー買ったり、業者に頼んだりすることを考えたら、投資額は安い安い!。
それでもフルサイズのカメラまで買う予算はないので、そこはメイン機材のEOS-1D Ⅳで良しとして、新たにEF50のマクロレンズと、等倍撮影用のライフサイズコンバーター、そしてNIKONのフィルムアダプターを。さらにフルサイズで撮影するための距離を稼ぐために、ケンコーのアダプターリングを購入。光源としてはスタジオ撮影用のソフトライトボックスを購入。これに向かって、三脚立てて、時間があるときにまとめてパシャパシャやってます。
いやー、正にパシャパシャで、ピントさえ合えば、撮影はあっという間。高性能なフィルムスキャナーと比べると、コントラストが強すぎるといった面もあるけど、大きな画像データが短時間で撮影出来るのは大きな魅力。もちろんRAWデータで撮れるからね。
とりあえず印刷用としては問題の無いレベルで、もちろんデータは送信できるから、ポジをいちいち宅配便で編集部に送る手間がなくなった。

それで、複写が終わったポジは処分して、そのポジたちがぎっしり詰まった防湿庫を開放しようと計画してたんだけど、「もしかしたらもっと良い複写方法が現れるかも」と考えたら、なかなか捨てられませんねー、これが(笑)

で、今日の一枚は2機でタイトな編隊を組んだまま、ハイスピードパスを実施するVFA-195のFA-18C NF400。左端にちょろっと写ってるのが僚機で、なぜこれをトリミングして切らなかったのかというと・・・、まあ、いろいろと大人の事情もあるわけです。ちなみに、この写真はデジタルです。機材はEOS-1D MkⅡN。この天気でポジじゃキビシイよね。
前に、ストラトさんもブログに書いてたけど、2機編隊での離陸、着陸なんかの時、手前か奥か?どっちの機体をメインの被写体に置くかの判断が難しい。要は、ファインダーの中で、2機がどう絡んでくるかによって変ってくるわけなんだけどね・・・。
読みが当たればなかなか良い感じの絵になるけど、外れたら全コマがダメダメ!思わず消去、消去で、無かったことに!
  1. 2012/06/27(水) 09:32:41|
  2. CVW-5
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

作例写真を考える

32SQ T-4 86-5766
モデルアート掲載の作例の写真なんだけど・・・

そのねー、アングルがねー、昔からちょっと気になってはいるんですよ。
僕は航空機以外のジャンルについては良く分からないけど、特にねー、ファイター系がねー・・・。

いや、悪くは無いんですよ、悪くは。一応メーカーの意図を汲んだり、そのキットの特徴的な部分を明確にしたり。担当さんもいろいろと考えてはいるんだと思うんだけど・・・。 

でも私的にはねぇ・・・んー、なーんか今ひとつかなぁって感じなんだよね・・・。

たとえば他のライターさんのせっかくの力作の、その魅力が充分に伝わっていないなぁ、もったいないなぁと感じることが時々ある・・・。

なんていうのかなぁ、たとえばある航空機ファンが、初めて行った航空祭で地上展示してある戦闘機を間近で見て「わー、かっこいいなぁ」と思うでしょ・・・。
なんかね、それと同じアングルなんですよ、目線がね。
もっと模型ならではの大胆なアングルがあっても良いかなって・・・思うわけ。

まあ、限られた誌面の中で、一枚の写真に出来るだけ沢山の情報を入れたいという気持ちは分かるんだけど、結局なんだかカタログ的な写真になっちゃってるよね。

具体的に言うと、左斜め前から全体を撮った写真と、左斜め後ろから全体を撮った写真が時々並んでいたりするんだけど、結局これは前と後ろの違いだけで、同じような写真でつまらない。

だったら前からの写真はコクピット周りを中心にアップにするとか、やっぱり写真のアングルにも緩急が必要だよね。だいたい必ずしも機体の全体を入れる必要ないと思うんだけどなぁ・・・。

コクピット付近を真上から俯瞰するとか(プロフィールのF-2Bの作例を参照)しても面白いかな。レドームや尾翼が途中で切れていたって、構図がしっかりとしてれば問題ないわけだからね。

あ、でもあんまりアップにされるとちょっと・・・(苦笑)。札幌の時計台と、高知のはりまやばしと、あと何だったかを、「日本三大がっかり名所って言うんですよ」と、元添乗員の友人から聞いたことがあるけど、私の場合は「モデルアート(アップにしたら)三大がっかり作例」の筆頭かもねー。

あれ、じゃあ、あとの二人は?(笑)

で、今日の一枚は浜松基地で撮影したR/W27にアプローチする32SQのT-4。しかし、静岡県って、本当に横に長いね。散々走ったと思っても、まだ焼津だったりする。あの辺りが一番しんどいかなぁ。
  1. 2012/06/24(日) 00:41:44|
  2. 浜松基地
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

永遠のアイドルって?

VAQ-136 EA-6B NF503
 この前、運転中、AKBがらみの番組をワンセグで聴いていた(走行中は音声だけでお楽しみください)。そしたら“昇仙峡”がどうのとしきりに言ってたので、なんだろうと思ってたら、“総選挙”のことだった(笑)。6月6日の生放送は、あまり興味が無かったんだけど、まあ、なんとなく流し観してた。だって、AKB48って言ったって、3~4人くらいだもの、顔と名前が一致するのは…。おじさん、アイドルってあまり興味無いんですよ。“もも色クローバーZ”よりも、“ももいろゴタイロー”の方が観た回数が断然多い(←ネットで検索!)しね!
そんなわけで、私の永遠のアイドルといえばやっぱり“桜田淳子”だ(まあ、永遠って程じゃないけどね)。ゴジラとガメラではガメラ派。サンダーバード2号と3号では2号派。そして、山口百恵と桜田淳子だったら絶対“淳子”派だった!
 大分前の話になるけど、芝居の仕事でその桜田淳子さんと一緒になったことがある。私は照明、淳子(勝手に呼び捨て!)はもちろん役者としてね。で、ある日、舞台の袖で“航空ファン”を読んでたら、「あーっ、飛行機キ○ガイだー」って突然話しかけてきてびっくり!「私、番組でスペースシャトルの取材に行ったことがあるのよ」だって。飛行機ネタで短時間ながらお話が出来たわけなんだけど、かつての“我がアイドル”に“キチ○イ”って言われてもねぇ(笑)。
 あ、関係ないけど、AKB48の“峰岸みなみ”って子の目、“ギロン”(←若い人はネットで検索!)の目に似てない?似てるよね?似てるなぁー…。

で、今日の一枚はEA-6Bプラウラーのハイスピードパス。形はあんなでも、やっぱり速い!ファインダーに入れてるだけで精一杯だった(要は下手っぴーということ)。そう言えば、離陸のときの音、半端じゃなかったよね。好きで写真撮ってても、あの騒音には最後まで慣れなかったなぁ。
  1. 2012/06/22(金) 01:08:32|
  2. CVW-5
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:8

書籍紹介

関が原の役
_MG_1604.jpg
”関ヶ原の役”・・・今読んでる本です。これは大日本帝国陸軍の参謀本部が、その膨大な関係資料を解析し編纂したというもので、“合戦”ではなく、“役=戦争”と謳ってるところが、やっぱり戦争のプロの目なのかと思わせるところ。どうです?日本史に興味無くても、なんとなく惹かれません?実は僕も以前は日本史にはあまり興味が無く、その手の本といえば、吉川英治の“宮本武蔵”くらいしか読んだことがなかった(あれ?歴史書じゃないか・・・)。
 しかし、ローカル局(この場合はTVKね!)でやってる「戦国鍋TV」を観だしてからは、なんとなく戦国時代の歴史が分かるようになってきた・・・ような気がする。番組の内容については、ここでは詳しく書かないけど、「戦国武将がよく来るキャバクラ」だとか、「うつけバーNOBU」だとか、「戦国ショッピング」だとか、「戦国サポートセンター」だとか、「戦国にほえろ」だとか「ミュージック・トゥナイト」だとかのコーナーで構成されていてる「なんとなく歴史が学べる」番組で、毎回爆笑しながら観ているわけ。で、そんな感じで、歴史に興味は持ったけれども、スタートがスタートだけに、やっぱりあまり深くはないんだね。だって、本の中で福島正則とか、加藤嘉明とか、加藤清正とかの武将の名前が出てくると、“SHICHIHON槍”(←ネットで検索!)のメンバーの顔が浮かんでくるんだから(笑)。
  1. 2012/06/20(水) 00:20:13|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

老眼の憂鬱④

JASDF T-2 Blue Impulse
まあ、結局老眼なんですが、最近模型作ってて一番つらいのがスジ彫り作業(←昔から嫌いだけどね!)。特に胴体断面方向のパネルラインの、その途切れた接合部分を再生させるときがね。やっぱり定規やテンプレートを充てるんだけど、その定規と凹モールドの位置関係が滲んでしまって良く分からない。だから右から来るラインと左から来るラインとが上手く繋がらない。で、結局何度かやり直す羽目になってしまう。ただでさえ作業遅いのに、これじゃ時間ばっかり食ってなかなか完成しない。机上のライトを目の前まで持ってきて、最大限明るくするんだけど、最近はそれでも分かりにくくなってしまった。スジ彫り前に、一回スミ入れした方が見やすいかなぁ・・・。そんな訳でね、もう少し待っててね!締め切り!!

そんなこんなで、今日の写真は一昨日に続いてのT-2ブルーインパルス。百里基地航空祭終了後のお帰りテイクオフで、R/W21上がりで北門付近の臨時駐車場周辺で撮影。T-4では見られない“トーチング”は、スモークノズルから出るスピンドルオイルがアフターバーナーで燃える現象なんだけど、これ、海外みたいにトワイライトショーで見せてくれたら良かったのにねェ・・・っていうか見たかったね!
  1. 2012/06/18(月) 14:14:50|
  2. Blue Impulse
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

夏は冷やしだ!

JASDF T-2 Blue Impulse
 冷やしカップめん?冷やしカレーに冷やしカツどん?・・・・夏だから冷たくしましたってか?子どもの頃、親から「冷たいものばかり食べてちゃだめ」って言われなかった?まずくはないんだろうけど、ラーメンもカレーもカツどんも温かいほうがいいなぁ。それと、甘くない和菓子・・・甘いから大福であって、甘いから羊羹なんだよ。「これ、甘くなくて美味しい!」って言うコメント、納得いかないぞ!だったら甘いもの食べるな!カロリーが高いから?太るから?・・・毎日沢山食べるものじゃないんだからさぁ。やっぱり大福も羊羹も甘いほうがいいでしょ。ステビアじゃなくて、トレハロースじゃなくて、やっぱり砂糖だ!(でも、トレハロースかるた・・・ちょっと欲しいかも)
あと、カレーライスに牛丼の具が乗ってるメニュー。んー、美味しいんだろうけど、カレーはカレーで食べたいし、牛丼は牛丼で食べたい!単体で完成している美味しいものを単純に組み合わせるって言う発想がお子さまランチみたい。これじゃあ4番打者が9人揃ってるどっかのプロ野球チームみたいだ!。
 このままじゃあ、そのうち冷やし餃子だとか、冷やしお好み焼きだとか、冷やし煮込みうどんとか、辛くないキムチとか、すっぱくないお寿司だとか、デミグラスハンバーグが乗っかったラーメンとか、スパゲティナポリタンが乗っかった牛丼とか、カレーが掛かった軍艦巻だとかが出て来るのか??・・・・う~ん、それはそれでやっぱりいやだ。
 「このキムチ辛くなくて美味しいです」ってコメント、やっぱり間違ってるよね!
 あっ、もしかしたら、大砲撃てない戦車とか、敵機を撃墜出来ない戦闘機だとかが出てくるのか?「この最新鋭戦闘機は一切の攻撃が出来ないから、憲法9条には絶対に抵触しません」なんて訳のわからないことになりかねないぞ!
 それと、関係ないけど、魚とか野菜とかガソリンだとかが10円、20円値上がりしただけで、「生活出来なくなって困ります」っていうそこのコメント!そんなんで生活が苦しくなるんだったら、携帯やスマホの利用金額考えたらどうだ!
ああ、もうなにがなんだか訳が分からなくなってきた!!!
って・・・すみません、取り乱しました・・・男の更年期障害でしょうか・・・

そんなわけで、今日の写真はT-2ブルーインパルス。随分と昔、初めて行った岐阜の航空祭で撮影したもの。カメラはCANONのAE-1で、レンズはたしかNFD100-300 f5.6だったような・・・。写真についてはほとんど知識が無かったころで、逆光で太陽がもろに入ってるのに、なぜそこそこの露出になっているのか?正直良く分かりません。
  1. 2012/06/16(土) 08:48:59|
  2. Blue Impulse
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ランナーよ何処へ

VAQ-136 EA-6B NF500
模型作ったあとのランナーってどうしてます?前にもちょこっと書いたけど、私の場合は時間があるときに、なるべく枝分かれの少ない部分を選んで、せっせと5cmくらいの長さにカットしてストックしてる。もともとは塗料の攪拌用に用意してたんだけど、最近のMr.カラーは溶剤成分が強くなってて、ビンに差しておいたランナーがすぐに溶け出すから、今は使ってないんだけどね。でも、“伸ばしランナー”だとか、機体内部の“梁”だとか、結構使い道はあるものです。それでもあまったランナーは正に“プラゴミ”として廃棄処分となるわけだけど、ゴミ袋に刺さって破けないように、やっぱり細かくニッパーでカット。でもこれが結構面倒なんだよね~。そんな訳で、プラモ用の“シュレッダー”とかどこかに無いですかね~。で、細かくしたランナーはメーカーが100g単位で買い取ってくれるとか! 5kgで2000円相当のキットと交換してくれるとか!! 原料の石油の高騰が続く昨今、タミヤさん、ハセガワさん、いかがですかねェ(笑)

で、今日の写真は厚木基地R/W01にアプローチするVAQ-136のEA-6Bプラウラー。このNF500にはあまり縁がなくて、なかなか撮影できなかったんだけど、そろそろ帰国かもって時期になって当たりだして、結局結構な撮影機会がありました。おまけにこの日はバックに黒い雲が広がっていて、なんだか良い感じのシチュエーションだった。まあ、腕の方は別の話なんだけどねぇ~。
そんなわけで、A-6から引き継いだこの丸い機首の感じが好きで、モノグラムとレベル(中身はモノなんだけどね)のヨンパチキットとアイリスのコクピットセットは用意してあるんだけど・・・着手するのは一体いつのことやら・・・。全面スジ彫りのキネティックもあるけど、やっぱり凸モールドのモノグラムが好きだなあ。
  1. 2012/06/14(木) 00:08:22|
  2. CVW-5
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:10

老眼の憂鬱③

Tadzio


まあ、残念ながら老眼なんだけど、ポジフィルムをデータ化するときは、デジイチで複写してるわけです。で、ピントを合わせるときには、カメラのライブビュー機能を使って背面のモニターで拡大して確認するわけ。でもね・・・これが見えないんだ、老眼で。だから、フィルムをセットしたり、ファインダー覗いたりしているときは裸眼で→ライブビュー見るときは老眼鏡掛けて→そしてまた外してって作業の繰り返しとなる。あー、面倒くさい!それになんだかだんだん気持ち悪くなって来たぞ!!

で、写真の猫はタッジオ(Tadzio)といいます。私は動物の家飼いには反対だったんだけど、なんだかんだで飼う事になってしまった(詳しい経緯はいずれ書きます)。で、仔猫のときにあま噛みしてくるのがかわいくて自由にさせてたら、大きくなっても噛み癖が直らず、時々手が血だらけになります。自分が偉いと思ってるらしく、冷蔵庫の上から見下ろします(笑)。
  1. 2012/06/12(火) 14:40:59|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:2

塗料の攪拌のはなし

501SQ RF-4E 47-6905
RF-4E 47-6905

今度は塗料を攪拌するはなし。皆さん、どうしてます?

筆でかき混ぜる:吹き付けの際はやらないけど、筆塗りの際に時々・・・。穂先が駄目になるリスクを負ってまでやるか?ってことだけど、せっかちゆえと言うか、横着ゆえと言うか・・・。でもしっかり混ざるんだよね~、これが。Mr.カラーのFS16440などは、しっかり混ぜておかないと、塗料が減るにしたがって白っぽくなるから要注意!」

ランナーの転用:私の机の上には5cmくらいにカットしたランナーが沢山ストックしてあって、これを攪拌に使ってた。廃物利用というか、エコだね~(違うか 笑)。その他にマック(関西ではマクド)のコーヒーについてくる白いアレもね!でも、数年前にMr.カラーがリニューアルされたときに、溶剤の成分も変ったようで、塗料ビンにランナーを入れておくと、すぐに表面が溶け出してしまう。そんなわけで最近はあまり使わなくなった。ん~、模型への塗料の食いつきは良くなったんだけどね。

シャカシャカ:シャカシャカはシャカシャカだ! でもビンの底に沈殿した顔料まで動かすには、相当の時間振ってなきゃならない。ダブついた二の腕に良いですかね?(笑)

金属棒で:まあ、これがベストでしょうか?アルミの棒で、先端を少し潰し気味にしておけばなお良しって感じです。あっ竹の割り箸も結構使えますよ!

 で、今日の写真は百里基地R/W03にアプローチする偵察航空隊のRF-4E。戦力増強のために、戦闘機型を転用したRF-4EJを導入したのは良かったんだけど、今ではそっちの方が用廃になった機体が多いってのもなんだかね~。単独改修機は全機退役したんじゃなかったかなぁ、たしか。F-X問題もそうだけど、はやくこの老兵たちをちゃんと引退させてやらないと、いまに大変なことになりかねないよね。T-33の二の舞は絶対にあってはなりません!
  1. 2012/06/10(日) 11:11:54|
  2. 百里基地
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:11

塗料カップの塗料は何処へ

305SQ T-4 #694
LAST FLT 084
吹き付け作業後に、ハンドピースのカップの中に残った塗料ってどうしてます?そのまま塗料ビンに戻してます?それだと塗料の濃度の感覚が狂うから、やりたくないですね~。私の場合は筆などを拭き取って汚れたティッシュを専用のビニール袋に溜めておいて、それに塗料を染み込ませ、そのまま燃えるゴミとして処理してます。ちょっと勿体ない気もするけどね~。あとは吹き付け専用の稀釈した塗料ビンを別に用意しておくのもアリだね。
  1. 2012/06/08(金) 13:31:14|
  2. 百里基地
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

カメラを持たずに後悔するか?カメラを持って後悔するか?②

金星太陽面通過20120606.jpg

今日は朝から雨だったので、端から期待はしてなかったんですよ。

自宅で連載で使うイラストデータを作ってたんだけど、お昼ごろ気がついたら自宅上空の雲が切れて青空になってて、なんと太陽が!

あー、金冠日食のときもそうだったんだけど、気合が入ってなかったもので、肝心のフィルターが無い!

しかも、午後からPTAの委員会がらみで学校での撮影に行かなくちゃ行けない!

と、いうことで、一度は諦めて自宅を出たんだけど、
「あれ、もしかしたらまたうす曇効果でフィルター無しで撮れるかな?」と引き返して500mm+1.4×を車に積み込んだんですよ。

そうしたら、走行中になんかいい感じに曇ってきたので、すぐにコンビニに車を停めてパシャパシャ。
通りすがりの人が「それで見えるんですか?」。

いやー、二匹目のドジョウ・・・居ましたねー。

だけど、露出は経験頼りのその場しのぎのあてずっぽう。でもまあ、それなりには写ってました。

金星って小さいですねー(太陽面、右下の小さい黒丸が金星!)。


そんなわけで、とりあえずの撮影データ

2012年6月6日(水)12:57
CANON EOS-1DⅣ
      EF500F4.5L+1.4×
シャッター 1/8000
絞り    f16(-0.8補正)
  1. 2012/06/06(水) 17:48:54|
  2. 金星太陽面通過
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

老眼の憂鬱②

305SQ F-15J
1997.01.10  F-15  T-4_65I9920
 まあ、そんなわけで老眼なんですが、驚いたのはご飯を食べてるとき。最初に気づいたのは松屋で牛めし食べようとして丼を持ち上げたときなんだけど、ご飯に乗っかってる牛肉がなんだかぼやけてるわけ。最近はだんだん慣れてきたけどねぇ。食事のときに老眼鏡掛けるべきか、否か!って感じだよね。模型やっているときだけじゃなくて、日常生活にも影響が出てきたか!おやおや~、なんだかスマホの画面見るのもきつくなってきたぞ!
  1. 2012/06/06(水) 00:50:25|
  2. 百里基地
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

老眼の憂鬱①

VRC-30DET.5 C-2 NF31
 まあ、ようするに老眼なので、一応老眼鏡は持ってますよ、百均のだけどね。模型作るときに汚れても良いように百均なわけ(←老眼進行中は高いの買わない方が良いんだって!)。老眼鏡って単なる拡大鏡みたいなものなんだけど、あまり勉強しなかったおかげで視力は良いから眼鏡自体に為れていないせいもあって、まあ、これがまったく始末が悪い!。たとえば、机の上で細かい作業しているときに、パーツを床に落としたりするでしょ。無くしたら面倒だからその落ちた音のした方をパッと見るんだけど・・あれっ・・・ボケボケで床面がまったく見えない。拡大鏡は距離が離れると駄目なことは分かっているのに一瞬パニックになってしまう!老眼鏡をいちいち外せばいいんだけど、とっさのことだからねえ・・・。
  1. 2012/06/04(月) 00:21:21|
  2. CVW-5
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

誰も居ない撮影ポイントの快感②

VF-154 F-14A NF100_65I2485 のコピー
この写真を撮ったときも、周りには誰も居なかったなぁ。それもその筈、シルエットになって分からないけど、この機体はNF100のCAG機だった。そんな貴重な機体だから、みんな順光側で撮影してたんだね・・・って言うか、普段からここにはマニアはほとんど居なかったからなぁ。この頃は結構こういう画を狙ってた時期だったんですよ。気持ちだけは最近復活してきたんだけど、行動が伴っていない!詳しい場所については書かないけど、このポイントも最近ではポピュラーになりかけているような雰囲気。でも、もうトムキャットでこの画は撮れないんだなぁ(遠い目・・・)
  1. 2012/06/02(土) 00:55:30|
  2. CVW-5
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:3

ようこそ!

一応、週2回・・・火曜、金曜の更新としたいと思いますが、まあ、そこは随時と言うことで!

写真撮影、模型製作、イラスト、文、解説、屁理屈・・・By モデJAS

プロフィール

モデJAS

Author:モデJAS
ライフワークは飛行教導隊の識別塗装の調査研究(笑)!

カレンダー

05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

金冠日食 (1)
金星太陽面通過 (1)
厚木基地 (23)
百里基地 (45)
浜松基地 (8)
新田原基地 (23)
模型 (26)
那覇基地 (1)
猫 (50)
嘉手納基地 (4)
百里~厚木 (1)
築城基地 (2)
Blue Impulse (3)
本 (1)
CVW-5 (58)
飛行教導隊 (21)
ロシア機 (3)
未分類 (10)
零戦 (2)
イラストレーション (4)
芦屋基地 (2)
T-33Aディテール (1)
F-104Jディテール (1)
FS-T2改ディテール (1)
F-1 ディテール (1)
岐阜基地 (5)
入間基地 (4)
F-15 ディテール (3)
鉄 (1)
F-14A ディテール (3)
うずら (1)
城 (6)
小松基地 (1)
東富士総合火力演習 (2)
天体 (1)
航空自衛隊 (1)
三沢基地 (2)

最新記事

最新コメント

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも一覧


Trial By Fire ~かけがえのないこの僕の人生~

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR