モデリングJASDF@blog

厚木基地や航空自衛隊の基地などで撮影した航空機の写真や、模型、猫などのネタで展開するブログです。

エッチングパーツ

ハセガワ1/48 T-4 B.I.



ヨンパチT-4
後席ヘッドレスト裏の、メカメカしたところ・・・
特に左右にあるプーリーの部分が好きなんだけど、
残念ながらキットではほとんどディテールが再現されてない。

プラッツさんが最初に出した専用エッチングパーツには、そのプーリーのパーツも入っていたんだけど、
現在出回っている2代目のパーツでは残念ながらオミットされてしまっている。

写真は飛行機模型スペシャルの連載用に製作中のコックピットで、
後席後ろのディテールはプラ材で工作している。

肝心のプーリーは0.2mmのプラバンから・・・・ね。

この部分のディテールがあるのとないのとでは、やっぱり違う。

座席のベルト類は彩色済のエッチングパーツなんだけど、
ブルーインパルスでは、後席にだれも搭乗しないでアクロを実施する場合は、
ベルト類を周囲の酸素ホースやらなんやらも含めて、機動中に暴れないように固縛されている。

この作例では、要はこれがやりたかったわけ。
  1. 2015/01/12(月) 17:54:13|
  2. 模型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

完成!

レベル+ハセガワ1/48 F-15J AGR #912



いや~この9月の作例製作はきつかった!

飛行機模型スペシャルのヨンパチT-4ブルーと本誌連載はハセガワ+DACOのヨンパチF-104J。

T-4ブルーは9月26日、マルヨンは30日に完成。

両キットとも優秀なキットなので、最初は楽勝だと高をくくってたんだけどね~

しかし、この2種を作っていると主脚の基本的な構造が同じだとわかる。

マルヨンのライセンス生産では、川崎重工は主脚を作ってたのかな?


  1. 2014/09/27(土) 23:10:15|
  2. 模型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

うな牛の憂鬱

タミヤ1/48 零戦22型


前にも同じようなこと書いたけど・・・・

うな丼って、タレだけでもご飯いけるよね、

焼いたうなぎの風味だとか、焦げたタレだとかも大事なファクターだけど、

極端な話、うなぎ丼のタレご飯(山椒付き!)でもOKって感じ。

うなぎ、高いしね!

それにだよ、そのうなぎのタレご飯に、牛丼の汁が入ってくる!

これはもう、許せない(個人の見解です)!

うな丼はうな丼で食べたいし、牛丼は牛丼で食べたい(あくまでも個人の見解です)!

ん?うなぎのタレがかかってる牛丼・・・・って考えたら・・・・・・

ありかなぁ?


で、写真はタミヤのヨンパチ零戦22型。

いわゆる”ラバウル航空隊”の応急迷彩機って、模型ネタとしては結構おいしいんだけど、

個々の機体の、塗装に関する詳細がなかなかつかめないから、実際に作るとなるとちょっと困ってしまう。

でも、詳細が分からない分、自分なりの解釈でもOK!だとも言えるわけで、

モデルア○トなどの本に掲載されている塗装図なんかは無視して、想像力を働かせて作ってみよう!

たとえば、フラップ上面の赤い歩行禁止ラインなんか、いちいち細かくマスキングなんかしないと思う。

ファントムの記念塗装機じゃあるまいしね。





  1. 2014/08/22(金) 11:40:59|
  2. 模型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

SAGA

造形村1/48 震電


6月から抱え込んでいたあれとか、それとかの締切。

7月31日の納品でなんとかひと段落。

締め切りに追われている間は、

もう模型なんか作りたくない!

って、思うんだけど、終わりが見えてきたら

あっちの箱を開け、こっちの箱を開け、あれの資料引っ張り出して、それ用のディテールアップパーツを出してみたり・・・

う~ん、「締切がなければ、モケイもうやめよう!」って

何度も思うんだけどね~

やっぱ、性かね~w

  1. 2014/08/02(土) 17:18:13|
  2. 模型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

模型の憂鬱

ハセガワ1/48 キ-84 疾風




模型作ってると、いろいろあるよね

特に締め切りに追われてお尻に火がついてる時とか・・・


くっついて欲しいものがつかなくて、くっついて欲しくないものがくっついちゃったり

机の上で小さいパーツを扱うときに、ひっくり返ってもらいたいパーツはひっくり返らずに、
ひっくり返って欲しくないパーツがひっくり返ったり・・・

デカールを貼ろうとしたら、ピンセットにくっついて離れなくなったり・・・

このパーツを接着したら完成!っと思ったら、ピン!と、飛んでどっか行っちゃったり・・・


ホント、むかつきます!!


  1. 2014/04/07(月) 01:44:13|
  2. 模型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

つくってみました②

タミヤ1/72 零戦21型+アスデカ

_MG_3954.jpg

いや、ナナニイですよ、これ。ヨンパチじゃないんです。

タミヤの零戦、やっぱりすごいです!

で、胴体帯以外のマーキング、

日の丸も含めて、

全部MYKデザインさんのアシタのデカールを使ってみました。

う~ん、これもすごい!

こういう出来の良い小スケールの模型には、フィルムをはがせるアスデカは必須だね。

日の丸もこれなら塗らなくても良いしね。
  1. 2013/10/18(金) 10:17:25|
  2. 模型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

作ってみました

技MIX 1/144 海上自衛隊 第51航空隊 P-3C 5045


そんな訳で、トミーテックのP-3C、組んでみました。

彩色済みプラモデルということなんだけど、

合わせ目も目立たず、細部マーキングも細かすぎ。

プロポーションもディテールも最高!

その分小さなパーツが多くて老眼にはつらいキットだけど、

なんてったって、塗装作業がいらないのがいいよね!

自分で塗装するのも良いけど、このスケールでこのクオリティは結構ハードルが高いか


キャノピーを含めた機首上部はクリアーパーツに彩色してあるんだけど、この部分は若干透け気味なので、

裏を黒く塗り、さらに機内色のグレーを重ねて置くと良いかな。

また、機体上部のパーツも、白いプラで整形されているから、ここも裏を黒く塗っておくと良い。

で、このキットで唯一困ったのがウェポンの取りつけ。

魚雷と機雷のパーツとウェポンベイ内の取付け部との間にダボもなにもないので、

接着するのが一苦労だし、そのままでは固定は困難。

ここだけは何とか改修して欲しいなあ・・・。

  1. 2013/10/15(火) 23:01:36|
  2. 模型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

手がプルプルしました!

タミヤ1/32零式一号艦上戦闘機二型



珍しく、庭の雑草を刈ってみた。

ほんの15分くらいの作業だったんだけどね。

その後、食事してから納戸(模型部屋)に入って、作例の作業を始めたんだけど・・・

手が・・・・手がね、ぷるぷるし始めてしまった。

ちょうど、ヨンパチのアレの主翼上の航法灯(編隊灯)を筆塗りしてたとこだったんだけど、

締切も迫っていることだから、仕方ないので、ぷるぷるが止まったら塗って、ぷるぷるしたら止めて・・・

といった作業で、まあなんとかやりました。

う~ん、慣れないことは、やるもんじゃないね。(庭仕事をしょっちゅうやってれば、ぷるぷるすることもないんだけどね~)


写真は以前に作った増刊かなんかの作例のさんにいタミヤ。

こうして見ると灰緑色というには、彩度がイマイチ!

しかし、レベルカラーの明灰白色で育ったおやじには、あの黄緑色はなかなか馴染めませんなぁ。

瓶を振ると泡立って使えないレペやホッペなども懐かしいですねぇ
  1. 2013/08/17(土) 11:41:39|
  2. 模型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヨンパチのF-15J

レベル1/48 F-15E改造 F-15J

そういえば、静岡のホビーショーですねぇ。

モ◎ルアート社の経費でなら行ってもいいんだけど(なんてw)

個人的に期待大の某社のナニは、ナニされてるのでしょうか?・・・・・やっぱりナニかなぁ・・・・

モデリングJASDF的には、ソードの125Aが注目アイテムなんだけど、
これでとりあえずはP社F-1の次のアイテムが・・・って感じですか。

あれ、そのF-1は??


ところで、ヨンパチF-15の今時モールドのおにゅーなキットなんて、発表されてないよね?

JASDF仕様で製作予定のレベリングイーグル、そこそこ積んであるんだから!

あと、アイリスのコックピットセットとか、ノズルだとか、あんなのやら、こんなのやら・・・

そうだ、ファインモールドさんのナノドットで、F-15やら、F-4やらのシートベルトセットなんて欲しいですなぁ

あ、ナノドットなら計器板とか、サイドコンソールとか、操縦桿とか、イジェクションシートとか‥‥
欲しいなぁ‥
彩色済みなら、なお結構!
  1. 2013/05/17(金) 00:17:08|
  2. 模型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

デイテールアップの憂鬱

ハセガワ1/48 川崎T-4


正直な話、ハセガワさんのヨンパチT-2/F-1も、疾風やらこのT-4やらと同じようなディテール表現が欲しかったですね~、今さらですが。

そのT-4、ホントに良く出来たキットで、そのままなんにも手を加えないで、綺麗に仕上げれば、
「おおっ!」って感じに仕上がる優良製品だと思います!

でも、マニアならではの気になる部分もチラホラ(ここから先はメーカーは責めずに、自己責任の範疇で!)。

基本的なところでは、金型の”抜き”の関係で、どうしてもモールドが崩れてしまう、胴体上面の主翼取り付け部分付近のモールドの再生問題。

それと、逆さ凹断面形をした胴体のエンジンベイ下の分割部位。ここの合せ目処理で消えてしまうスジ彫りの再生問題。

アウトライン的な部分では、垂直尾翼のドーサルフィンの厚味がありすぎる事と、その処理問題・・・・


まあ、いろいろあるんだけど、一番やっかいなのは、コックピット後席の、その後ろのディテール再現問題。

キットではここのディテールがほとんど再現されていないんだよね。

キャノピー閉めちゃえばほとんど見えないけど、開けるとなるとやっぱり再現したい!

以前はプラッツさんがエッチングパーツ出しててくれたけど、最新バージョンでは該当部分のパーツは網羅されていない!

写真は、プロフィール用に作ったT-4の工程写真で、そのプラッツさんのエッチングパーツを使ってる。

でも、最初にこのT-4作ったときは、基盤なんかのパーツを加工している町工場さんから出た金属くずを分けてもらってきて、その中にあった円盤状のパーツを使ったりして再現したんだっけなぁ。

そんなわけで、プラッツさん。

そんな金属くずを分けてもらえるような町工場を探すのも面倒なので、あのエッチングパーツの再販、

お願いしますね!



※上記の諸問題については、モデルアートプロフィール№10「航空自衛隊T-4中等練習機」を見てね!※
  1. 2013/04/26(金) 10:32:24|
  2. 模型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
前のページ 次のページ

ようこそ!

一応、週2回・・・火曜、金曜の更新としたいと思いますが、まあ、そこは随時と言うことで!

写真撮影、模型製作、イラスト、文、解説、屁理屈・・・By モデJAS

プロフィール

モデJAS

Author:モデJAS
ライフワークは飛行教導隊の識別塗装の調査研究(笑)!

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

金冠日食 (1)
金星太陽面通過 (1)
厚木基地 (23)
百里基地 (47)
浜松基地 (8)
新田原基地 (23)
模型 (27)
那覇基地 (1)
猫 (51)
嘉手納基地 (4)
百里~厚木 (1)
築城基地 (2)
Blue Impulse (3)
本 (1)
CVW-5 (58)
飛行教導隊 (21)
ロシア機 (3)
未分類 (11)
零戦 (2)
イラストレーション (4)
芦屋基地 (2)
T-33Aディテール (1)
F-104Jディテール (1)
FS-T2改ディテール (1)
F-1 ディテール (1)
岐阜基地 (5)
入間基地 (5)
F-15 ディテール (3)
鉄 (1)
F-14A ディテール (3)
うずら (1)
城 (6)
小松基地 (1)
東富士総合火力演習 (2)
天体 (1)
航空自衛隊 (1)
三沢基地 (2)

最新記事

最新コメント

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも一覧


Trial By Fire ~かけがえのないこの僕の人生~

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR